ハイパーカーテン耐熱

ハイパーカーテン耐熱2
耐熱性をもった間仕切りカーテン用塩化ビニールシート。
通常の間仕切り用塩ビフィルムでは、雰囲気温度約70℃程度で、溶融・変形を始めます。

従って、従来は射出成形・溶接工場・工業炉の出入り口等の雰囲気温度が高温になる間仕切り用途としては、透明の塩ビフィルムは不向きとされてきました。

このハイパーカーテン耐熱は、塩ビ樹脂の中に架橋剤を配合することにより耐熱性を向上させ、高温雰囲気化で使用可能な間仕切りカーテン用塩ビフィルムとして開発されました。

ハイパーカーテン耐熱

 

 

  • 素材PVC
  • 規格0.3mm厚×107㎝巾×30m乱
  • 機能防炎性・耐熱性・透光性・視認性
  • 防炎認定登録番号E-13-40520

特徴

    ●耐熱性

    塩ビ樹脂の中に、架橋剤を配合する事により耐熱性を向上させ、高温雰囲気化でも使用可能な間仕切り用塩化ビニールシートです。実験結果では、雰囲気温度120℃でも使用可能です。

    ●防炎性・難燃性

    防炎認定番号取得済(E-13-40520)。燃焼した際も、溶融せずにかたちを保ちます。

    ●環境配慮

    ノンフタル酸配合で、人体・環境にも安全・安心な商品です。  

用途

食品工場・射出成形・溶接工場・工業炉等の高温雰囲気下での出入り口の間仕切り、パーティション

アクセサリー

  • ハンドライスター
    軽量・小型のポータブルタイプ熱風溶着機。現場で簡単にシートの熱溶着が可能です。電子温度コントロール機能により、電源電圧や外気温度の変動の影響を受けません。
  • TENARATENARAソーイングスレッド。PTFE製の高耐久縫製糸。耐熱性も兼ね備えた強力糸。

※アクセサリーに関して、詳細情報をお探しの方は下記よりお問い合わせください。

当製品に関するお問い合わせ、資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせ先
[東京] 03-3834-2891
[大阪] 06-6552-0631

サイトからのお問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ